和を感じる陶器

陶器にこもる日本の魅力

通販で購入できるもののジャンルは様々で、それは食品や服などだけではなく割れ物の食器に関してもその対象となっています。
そのように陶器を買うにあたっては、その梱包状態がしっかりしている業者を選択する必要があります。輸送途中に割れてしまうとトラブルの元になります。
また、通販で陶器の中でも有名なものや価値の高いものの場合、その真贋を見極めるのは非常に難しく、その辺りの保障という点でもしっかりしたところで購入しましょう。

陶器を通販で購入する際に注意すべきこととは?

陶器を通販で購入する際に注意すべきこととは? 今では大抵のものが通販で購入できるようになりました。
それは食器などの割れ物に関しても同様で、このようなものを注文するにあたってはその業者の性質をよく見極める必要があります。
特にその梱包状態に関しては、非常に重要であり中には高価なものもある陶器を購入するにあたっては特に注意が必要となります。
また、そのような高価なものを購入するにあたっては、その真贋を見極めるのが非常に難しくもあります。陶器には産地や作り手によって、その価値が非常に変わってきます。
そのため、そのような面において信頼の置ける業者を選ぶ必要があります。
できれば、高価なものに関しては、その鑑定書などを用意してくれる業者を選ぶと良いでしょう。

通販でしか手に入らない貴重な陶器とは?

通販でしか手に入らない貴重な陶器とは? 全国には、いろいろな陶器を焼いている作家がいます。その多くはギャラリーや雑貨店など様々な場所で販売されているものが多いですが、中には、通販でしか手に入れることのできない貴重な陶器もあります。
こだわりのある陶器作家は、自分の見える範囲で、納得して購入してくれる人に販売したいと考える人も多くいます。
いろいろなお店に卸せば卸すほど、購入してくださっている人が見えなくなり、声も聞こえずらくなってきます。
そうしたことが無いよう、自分のこだわりを受け入れてくれる人に購入していただきたいと考える作家は、あえて卸をせず、自ら販売までする人が多くいます。
そうしたこだわりのある陶器の作品は、購入した人からどんどん口コミとなり、需要が増えていきます。
需要が増えていったとしても、供給する側は、売れるから作品の量を倍に増やそうということはなかなか難しく、需要と供給の割合が徐々に需要過多となってきます。需要が多くなると、欲しくても買えない人が出てきて、入手困難な作家の作品となっていきます。
通販においてこういった小さなスタイルでやっている作家物の作品は、貴重となり、通販でしか購入することができないものとなることが多いです。

美濃焼きの陶器市に行くなら、土岐市に足を運んでみてください

土岐市には「土岐美濃焼まつり」が毎年土岐美濃焼卸商業団地内で行われており、毎年200,000人以上の人が訪れているといわれています。
「土岐美濃焼まつり」は日本三大陶器祭りであり、市場には美濃焼きの代表と言える志野や織部など、集まっている陶器の品数や種類は豊富です。加えてこの祭りに参加する出店数は300以上あるため、お気に入りの陶器が見つかるとも言われています。
さらに作家と直接会話をすることもできるので、焼き物ができる過程について話を聞くこともできます。
この市場には個人作家のハンドメイドや企業による作品の展示まで、たくさんの焼き物を見て買い物をすることができるので、イベントとしても楽しむことが可能です。
また市場では企業が料理教室やパン教室を開いているので、料理に合わせる焼き物を選ぶ時の参考にもなります。
そして買い物だけでなく陶芸教室や大道芸人のパフォーマンスが行われたり、屋台や飲食できるスペースもあるので、食事を楽しむこともできます。

名高い陶器が勢ぞろいする土岐美濃焼まつり

日本では江戸時代の初期頃から、全国各地で陶器の製作が活発となりました。朝鮮半島から伝わった製法と、独自に編み出されたものが融合しており、今では世界屈指の焼き物の国とも言われている程です。
全国にある窯元のなかでも、ひじょうに長い歴史を有しているのが土岐美濃焼です。
ここでは簡単に毎年1回開催される、土岐美濃焼まつりについてご紹介をしましょう。名高い陶器が勢ぞろいをする祭りで、毎年約100万人以上の来場者で賑わいます。
1週間という長い期間開催され、岐阜県美濃市の中心部を会場にするものです。
陶器のなかでも美濃焼は芸術性に長けており、海外でも高い注目を集めているものとなります。
土岐美濃焼まつりでは即売会のほかに、オークションも開催されるのがポイントです。
人間国宝に認定をされている作家の作品から、現代アートとしても注目を集めている陶器を手に入れられます。50回目を迎えた祭典で、美濃市が一番盛り上がるときです。

陶器の祭典・日本三大陶器まつりについて紹介します

さまざまな地方の特色ある陶器は、コレクターだけでなく多くの人から人気があります。全国各地に焼き物の里が点在していて、いろいろな陶器祭りが行われています。
その中で「日本三大陶器まつり」と呼ばれるのは、「有田焼」「土岐美濃焼き」「せともの市(瀬戸焼)」の3つです。
有田焼や佐賀県有田町で、毎年ゴールデンウィークの4月29日~5月5日に実施されます。約450の店が出店し、120万人ほどのおお客さんが集まる最大級の市です。ルーツは大正4年(1915年)の陶磁器品評会の中の協賛行事「蔵総ざらえ大売出し」で、由緒あるお祭りです。
岐阜県土岐市の土岐美濃焼まつりもゴールデンウィークで、5月3日~5月5日に織部ヒルズなどで開催されます。昭和51年に美濃焼の流通拠点・織部ヒルズ完成時から始まり、毎年30万人ほどの集客を見込んでいます。
愛知県瀬戸市のせともの市の開催日は毎年9月の第2土日で、瀬戸川沿いの露店や市内各地で実施され、30万人以上を集めます。
昭和7年の産業まつりから始まったと言われています。

唯一無二の陶器にはそれぞれの楽しみ方がある!

大量生産ではなく一つ一つ丁寧に仕上げた陶器は同じものが二つとありません。お皿やカップ、茶碗の形や大きさ、色合いは、作り手のその瞬間の感性で決められます。
色合いについてはブルーやグリーン、ブラウンなどが人気ですが、鮮やかな配色を好む人も少なくありません。
物にもよりますが、よくある大量生産のベタ塗りや粗い仕上がりとは違い、職人の名をかけた作品は、陶器の表面を覆っているガラス質のうわぐすりの加減で、それぞれに芸術的な表情を見せてくれます。
うわぐすりの溜まり方や火の当たり方、温度などで変わってくる表情を見るのも楽しみ方の一つでしょう。
また、大きさや形も偶然の産物という一面が大きく、計算で思い通りの仕上がりになることはありません。自分の感性に合った一品を探し出すのもまた楽しみだと言えます。
日本には陶器の産地が多く、有名な焼き物は特に人気がありますが、有名な陶芸家や産地の焼き物は手にするだけで独特な重厚感を感じることができます。

吸水性に優れる陶器の活用方法に関する事について

日本には昔から実に様々な陶器が存在します。信楽焼、美濃焼、備前焼などその地域地域に有名な窯があって、巧みな技で芸術的な器や花瓶、湯呑に茶碗などが制作されているのです。
こうした焼き物は、その地域の土や釉薬によって異なる色彩や表情を見せます。芸術性が高く置物として飾られることがほとんどです。
私たちが日常食事で用いる食器は、価格の安い中国製の焼き物が多いのが実情です。本来焼き物は吸水性に富んではいけないものです。
なぜなら水を含むと割れやすく、機能を果たさないからです。しかし最近では陶器に吸水性を持たせて活用することが見られるようになっています。その一つの具体的な例としてあげられるのが、陶器の加湿器というものなんです。
水をそれに差し、部屋に置いておくだけで、枕元に置くだけで水を分子で発散し、のどや肌を潤して加湿器の役目を果たすのです。
電気代もかからずお手入れも食器用スポンジで洗うだけで便利であり、愛用者が増えています。

陶器に関する情報リンク

おしゃれな陶器を取り揃える通販サイト

陶器 通販


Copyright © 2017 和を感じる陶器 all rights reserved.